Home

月の美術館開館6周年記念企画展
YOSHIHARA JUNKO天使の原画展2008.12.18〜2009.1.12

■会期中休館日:火曜日・水曜日、年末年始休館日:2008/12/28-2009/1/4
■開館時間:11時〜17時
■入館無料


写真レポ1レポ2
開館記念展のために東京から出品していただきました
よしはら純子さんの「天使の原画展」はアクリル水彩で描かれ
一点一点から素敵な波長が放たれていて素晴らしい作品です
また作品のひとつひとつに素敵なタイトルと言葉が添えてあります
たとえばこんな風に…

『つながり』
ここまで来たこと
今ここにいること
こうしてあなたに出会えたこと

30点の作品のうち6点の原画が販売用として用意されています
またすべての作品のポストカードが購入できます(各10枚限定)

18日の開館記念日からスタートして来年1月12日までの開催
1月11日にはよしはらさんご本人も来崎予定です

★YOSHIHARA JUNKO プロフィール

ハンドルネーム:イリス

自然界のみんなを心から信頼しています。

東京都立川市在住。
アニマルライツでベジタリアンです。

アニマルライツ(animal rights)というのは、
動物も人間と同じように生きる権利がある
という考え方です。

家族はだんなさんと
天国へ行った長女うさぎのほのかちゃん
次女うさぎのまな
三女うさぎのももみ
目の見えない猫のタロウ
右手を痛めている猫のゆうま
猫エイズのジョー

すべての生きものは
自分らしく生きるために生まれてきたと思います。

辛いとき、苦しいとき、私は何度も動物たちや
自然界のまっすぐな愛に心を救われてきました。
彼らの無償の愛は、触れる魂を感化して
あたたかく包み込む希望の光のように思います。

私にとって天使たちは、
自然界の愛を運んできてくれる素敵な存在です。

天使の絵を描いているときは
自然界のみんなとおしゃべりをしているような気持ちになります。
絵を描いていないときも、
私は自然界のみんなによく話しかけています。

疑問を問いかけてみたり相談ごとをしてみたり…。
すると、ふと言葉が思い浮かんだりメッセージに出会ったりします。
そんな気づきをいつも書き留めていて、できあがった絵に添えています。

いつもすぐそばに、愛に満ちた見えない存在がいてくれると感じます。

どんなときも最善を信じています。
すべては必ずうまくいくと信じています。

いつも愛をありがとうございます。

みなさまにたくさんの祝福がありますように☆

☆たくさんの祝福がありますように☆


スピリットガーデン
写真レポ1レポ2